UNZIP

Report

ホン・サンス監督『ソニはご機嫌ななめ』『へウォンの恋愛日記』公開記念トークショー
吉田大八監督 “魔法みたいな感じ。こういうことが出来るのは、世界でこの人だけ”

text & photo : yuki takeuchi

今最も世界から注目される韓国人監督ホン・サンス。最近では比較的短いスパンで立て続けに新作を発表しては、そのどれもが映画祭などで高い評価を得るほど。12月には加瀬亮主演でヴェネチア映画祭にも出品される『自由が丘で』の公開も控えるなか、『ソニはご機嫌ななめ』『へウォンの恋愛日記』の2作品が同時に公開され、連日満員の盛況をみせている。

8月18日、『桐島、部活やめるってよ』の鬼才・吉田大八監督がシネマート新宿にてトークショーを行い、ホン・サンス作品の魅力やすごさについて語った。

『ソニはご機嫌ななめ』
ソニは、アメリカ留学の推薦状を頼むため、チェ教授に会いに大学を訪れる。その帰り道、元カレのムンス、先輩の映画監督ジェハクに出会う。ソニに気がある3人の男たちは、それぞれ「人生訓」を披露する。ソニをめぐる四角関係が始まった!
『へウォンの恋愛日記』
ヘウォンは大学生。教授であるソンジュンとの秘密の関係を終わらせたいと思っている。カナダに移住する母親との別れで落ち込んでしまい、しばらくぶりにソンジュンに連絡してしまう…

吉田大八監督以前からホン・サンス作品に注目していたという吉田監督は、「作品を最初観たときは5割くらいしか分かってなかったかもしれないと思うくらいすごくシンプル」でありながら「観る度に監督のことが怖くなる。こんな何気ない感じで、どれだけ底の底まで考えているんだろう。その怖さが気持ちいいですけど」と述べ、「ホン・サンス監督の仕掛けとか企みが深い」と評する。

事前の準備をせずに撮影当日の朝に脚本を書いて俳優に渡すというホン・サンスの独特な撮影スタイルに対しては「当日の朝に書いているふりをして、実はがっつり前もって固めているんじゃないか」と会場の笑いを誘いながらも、「そうなんじゃないかと思った方がこっちは救われますよね。当日の朝に書いたものの積み重ねで1本の映画として繋がって、こんなに綻びのないというのは、魔法みたいな感じ」と述べる。

ソニはご機嫌ななめまた同じく、ホン・サンス・ズームとも呼ばれる独特なズームやパンの手法に関しても「(普段、監督がするようなことを当て嵌めてみても)全然合わない。これ以外あり得ないというようなタイミングやスピード、構図」なのだと語る。そして、同じ監督としてそういった手法にトライしてみたらどうかと考えると「もう大ヤケドでしょうね」と再び会場を沸かせつつ、「だぶん同業の監督もみんな観て思うんでしょうけど、絶対自分ではできないと思うのが正常ですよね。学生とかマネしたら大変ですよ、これは」付け加える。更に、本来の教科書的な演出ではないのにも関わらず「観終わった後、なにか足りないという気が全くしない。こういうことが出来るのは、天才とは簡単に言いたくないですけど、世界でこの人だけなのかな」と讃えた。そして、そのあまりにも独特なホン・サンス作品に魅力を感じているという自身の言葉に「…と言っても観終わったみなさんがどういうテンションなのか心配になってきましたけど(笑)」と会場を見渡しながら「(ホン・サンス作品は)いつもこんな感じで観た後の人と話がすごいしたくなる」と言う。

へウォンの恋愛日記今回、同時上映される2作品『へウォンの恋愛日記』『ソニはご機嫌ななめ』。吉田監督は、前者は「焼き肉屋さんのシーンのひとりひとりの動きのタイミングの正確さがすごい」などと細かな演出の素晴らしさを語りつつも「初めてホン・サンスを観る人には、まずはこちらがオススメ。(教科書的な演出を外した)あぶないことをいっぱいやってますけど(笑)、恋愛映画として普通に楽しめる」。後者は「ソニが3人の男を出会って、同じことを繰り返していく。3人の男も各々会っていくという繰り返しになっいくので、エンジンがかかるのが遅い映画だという印象だったのが、ハマった瞬間からの加速はすごい。とんでもない話だったなというのが観直して思いました。そういう印象も含めて監督の演出の掌の上だなと思います。繰り返してみても全然楽しめる映画。2回目以降は全然違いますよ」と語った。

最後に、12月には加瀬亮主演のホン・サンス最新作『自由が丘8丁目』の公開が控えるとの話があがると「唯一現場に入った日本人として、是非、ホン・サンスの謎を解明してほしいですね」と述べた。

「加瀬さんは本当に美しい人、是非一緒に仕事ができればと思う」きっかけはここ!? ホン・サンス監督と加瀬亮さんによるトークイベントの模様はこちら!

8/16(土)シネマート新宿にて<2作品>同時ロードショー!
ホン・サンス監督『へウォンの恋愛日記』『ソニはご機嫌ななめ』
http://www.bitters.co.jp/h_s/

ホン・サンス作品に対するコメント

“他愛もない恋愛の話がアートフィルムの域に達してる” 菊地成孔さん

“観るたびに違って見えたり、違う発見がある” 樋口泰人さん × 坂本安美さん

“リアルな恋愛というのは不条理なことが積み重ね” 辛酸なめ子さん


『ソニはご機嫌ななめ/へウォンの恋愛日記』

8/16(土)シネマート新宿にて<2作品>同時ロードショー!

『ソニはご機嫌ななめ』
出演:チョン・ユミ、イ・ソンギュン、キム・サンジュン、チョン・ジェヨン
2013年 ロカルノ国際映画祭 監督賞受賞



『ヘウォンの恋愛日記』
出演:チョン・ウンチェ、イ・ソンギュン、ユ・ジュンサン、イェ・ジウォン
特別出演:ジェーン・バーキン
2013年ベルリン国際映画祭コンペティション部門 正式出品

オフィシャル・サイト

Related Items