UNZIP

Pick Up

橋口亮輔、『ぐるりのこと。』以来 7年ぶりのオリジナル長編監督作
『恋人たち』ティーザービジュアル&特報解禁!映画ファン待望の映像が到着!

「飲み込めない想いを飲み込みながら生きている人が、この日本にどれだけいるのだろう。今の日本が抱えていること、 そして“人間の感情”を、ちゃんと拾ってあげたい」橋口監督。

何があっても離れない夫婦の十年を描いて、報知映画賞最優秀監督 賞、日本アカデミー賞最優秀主演女優賞(木村多江)、ブルーリボン賞 最優秀新人賞(リリー・フランキー)など数多くの賞を受賞した名作『ぐるりのこと。』(2008 年6月公開)から7年。誰もが待ち望んだ橋口亮輔 のオリジナル脚本による長編映画『恋人たち』が、先日ついに完成。2015年11月テアトル新宿ほか全国にてロードショーする。

主人公は3人の「恋人たち」。通り魔殺人事件によって妻を失った男、そりが合わない姑と自分に関心をもたない夫と暮らす平凡な主婦、同 性愛者で完璧主義のエリート弁護士。それぞれ、篠原篤、成嶋瞳子、池田良、いずれもオーディションによって選ばれた 新人俳優が演じるほか、日本映画界の実力派たち――光石研、安藤玉恵、木野花、黒田大輔、山中崇、山中聡、内田 慈、リリー・フランキーら、いずれも個性溢れる顔ぶれが橋口ワールドを彩る。

今回解禁となったのは、ティーザービジュアルと約20秒の特報映像。ティーザービジュアルは、「愛を見つけた者がいる。 愛を亡くした者もいる。」というキャッチコピーと、篠原篤演じる「妻を失った男」が、首都高高架下の川の中にたたずむ後 ろ姿が印象的な一枚。そして特報では、「いま、ここに生きている人」のもつ体温や息づかいまで感じ取れるような橋口亮 輔監督ならではの映像で、登場人物たちが織りなす日々の物語1コマ1コマをアップテンポに綴る内容になっている。なお、6月27日(土)からは、テアトル新宿とテアトル梅田の2館のみ、この20秒バージョンとはテンポの異なる40秒バ ージョンの特報映像も併せて上映される(ネット配信は7月末予定)。

7年分の思いがすべて注ぎこまれた傑作『恋人たち』は11月、テアトル新宿ほか全国ロードショー
公式サイト http://koibitotachi.com/


©松竹ブロードキャスティング/アーク・フィルムズ

『恋人たち』

監督・脚本:橋口亮輔
 
製作:松竹ブロードキャスティング
出演:篠原篤 成嶋瞳子 池田良 / 安藤玉恵 黒田大輔 山中崇 内田慈 山中聡 / リリー・フランキー 木野花 光石研

宣伝:シャントラパ/ビターズ・エンド  
配給:松竹ブロードキャスティング/アーク・フィルムズ  
©松竹ブロードキャスティング/アーク・フィルムズ

オフィシャル・サイト

Related Items