UNZIP

Pick Up

『恋人たち』初日舞台挨拶
「7年かけてやっと戻ってまいりました」待望の橋口亮輔監督最新作、遂に公開!

text & photo : yuki takeuchi

何があっても離れない夫婦の十年を描いて数多くの賞を受賞した名作『ぐるりのこと。』から7年、待望の橋口亮輔監督のオリジナル長編作品『恋人たち』がついに公開。11月14日の初日、立ち見も出る大盛況の中、テアトル新宿にて橋口亮輔監督と出演者の篠原篤さん、成嶋瞳子さん、池田良さん、安藤玉恵さん、黒田大輔さん、木野花さんによる初日舞台挨拶が行われた。

恋人たち左から)安藤玉恵さん、池田良さん、篠原篤さん、橋口亮輔監督、成嶋瞳子さん、黒田大輔さん、木野花さん

割れんばかりの拍手の中、登壇した橋口監督は「7年かけてやっと戻ってまいりました。ずっと映画撮りましょうと声をかけてくれた、この映画のプロデューサーの松竹ブロードキャスティングの深田誠剛さんと小野仁史さんにお礼を申し上げたいです。彼らがいなかったら、私はこの場にはいなかったと思います。そして、この世知辛い世の中にクラウドファンディングに出資をしてくれたみなさま。毎日ネットを見ながら手を合わせていました(笑)そして、まだ日本映画も捨てたもんじゃないと思わせてくれたスタッフのみなさま、本当にありがとうございます」と感謝を述べた。

橋口監督は、「本作の8割近くがワークショップの参加者であり、一方、経験のある俳優たちもいる、その状況のなかで、どのように芝居を整えていくかに一番注意を払った」と説明。また、ワークショップの参加者から主演となった篠原さんがうまく芝居ができない状況を、日活ロマンポルノから活躍する本作の照明の赤津純一さんに相談したところ「そんなのね、裸にして縛って吊るせばいいだよ」と言われたというエピソードを披露し、会場を爆笑させる場面も。また映画から遠ざかっていたが、ワークショップから参加してきたような若手たちを見守ってくれたスタッフたちを見て、「日本映画にはこうやってまだまだ映画に献身するというスタッフがいるんだなということを改めて感じました」と述べた。

主演の篠原アツシ役の篠原篤さんは「監督から“おまえだったらやれるとおもうんだよな”という言葉をかけてもらい、監督は、アツシという役を演じることを僕よりも信じてくれていました。終盤でのシーンの最後の底力は、スタッフの皆様と監督の一押しがあったからだと思います」と述べ、監督も「彼は限界を超えたと思います」と加えた。

高橋瞳子を演じた成嶋瞳子さんは、光石研さん演じる藤田に語りかけるシーンでの内容は、実際のワークショップでの自己紹介の内容そのままなのだと明した。「橋口監督からはあのとき何を伝えたかったの?と何度も聞かれ、その度に答えられなかった。しかし、最後のシーンの前にもう一回聞いてくださって、その時初めて伝えることができた。」と述べた。

恋人たち四ノ宮役の池田良さんは、「橋口さんは現場でのエネルギーがすごくて、一つの作品にこれほどのエネルギーを出してくれる人がいるんだ、なんとかついていかなきゃと思いました」と述べると、橋口監督は撮影前の顔合わせのときに池田さんから「裸になる場面ありますよね、僕、腹筋割れていた方がよいですか?」と聞かれたことを明かし、「なんであんなこと聞いたの?」とツッコまれると会場は爆笑。

『ぐるりのこと。』でも橋口監督作品に出演した吉田役の安藤玉恵さんは、「現場では緊張しましたが、劇中の“ん〜皇室?”というセリフは、監督から“あなたしか言えない”と言われ、愛だな、と感動しました(笑)」と述べると映画を観ていた客席はまたまた爆笑。監督も「十二単(じゅうにひとえ)をあんなふうに着れるのはあなたしかいないだから」とツッコミ。

同じく、橋口作品が2度目となる黒田役の黒田大輔さんは「『ぐるりのこと。』のときに安藤さんが“この映画の住人になれ幸せだな”と仰っていたのですが、試写を観終わったあとの帰り道で同じようにと思った」と述べた。

瞳子の姑・敬子役の木野花さんは「大好きな監督だったので、気合いを入れたかったが気合いを入れた役柄ではなかったので、普通にしなきゃと思って演じました」「私もワークショップに参加したかったです。監督の前では、役者としてではなく、心のなかまで丸々見られてしまう」「監督の映画に対する愛、妥協しない姿を見ることができて、とても幸せな時間でした」と述べた。

最後には、監督の恩人である深田プロデューサーからのサプライズの花束が贈られ、橋口監督は感慨深げに「本当に辛抱強く、また映画を作りましょうと誘ってくれた。すぐには出来ないかもしれないということでワークショップを行った。そこで出会ったのが彼らです。そして、ものを伝えるということは意味があるんだな。ものを伝えることでなにか素敵なものが返ってくる。そうか、もう一回映画やってみようかなと思うきっかけになりました。数年前の私の状態から比べると本当に夢のようで、こんな日がくるとは思いませんでした。本当にありがとうございます。」と締めくくった。

7年分の思いがすべて注ぎこまれた傑作『恋人たち』は11月13日 テアトル新宿ほか全国ロードショー
公式サイト http://koibitotachi.com/


©松竹ブロードキャスティング/アーク・フィルムズ

『恋人たち』

原作・監督・脚本:橋口亮輔
主題歌:「Usual life_Special Ver.」明星/Akeboshi
出演:篠原篤 成嶋瞳子 池田良 / 安藤玉恵 黒田大輔 山中崇 内田慈 山中聡 / リリー・フランキー 木野花 光石研
宣伝:シャントラパ/ビターズ・エンド
配給:松竹ブロードキャスティング/アーク・フィルムズ
製作:松竹ブロードキャスティング

オフィシャル・サイト

Related Items