UNZIP

Pick Up

三大映画祭週間2014
8月16日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開

世界には、まだあなたが観ていない傑作がたくさんある!

ハリウッドのメジャーな映画のみならず、日本では実に数多くの映画が上映されています。三大映画祭と呼ばれるカンヌ、ベルリン、ヴェネツィア映画祭でそれぞれ最高賞に該当する賞に輝いた作品なども然り。しかし、最高賞にまでは届かずとも脚本賞や監督賞、男優・女優賞を受賞した素晴らしい作品で、未だ日本にやって来ていない作品は多くあります。これから大きく輝きはじめるであろうデビュー間もない監督の作品や様々な経歴を経て国際的に注目され始めた映画監督の作品など。とても意欲的で、革新に溢れた作品たち。あなたが出会っていない名作が一挙に上映される「三大映画祭週間」が開催!

しかも、今回はアルフレッド・ヒッチコック『海外特派員』、アンリ=ジョルジュ・クルーゾー『犯人は21番に住む』、ルイス・ブニュエル『この庭に死す』、パトリス・ルコント『仕立て屋の恋』、ホウ・シャオシェン『恋恋風塵』といった巨匠たちの名作がHDリマスターされ同時上映。巨匠たちの名作がスクリーン蘇ります!

2011年カンヌ国際映画祭脚本賞

フットノート FOOTNOTE

(2011年/イスラエル/106分)監督・脚本:ヨセフ・シダー 出演:シュロモ・バル=アバ、リオル・ルイ・アシュケナージ、アリサ・ローゼン

フットノート2007年、第3作『ボーフォート-レバノンからの撤退-』でベルリン国際映画祭銀熊賞(監督賞)を受賞したヨセフ・シダー監督による同じ宗教学を研究する父と子の関係を繊細に描いた物語。あるとき、目立った功績を上げることのできない父に学会から権威ある賞が送られる。父親への対抗心を胸に秘めていた息子は虚栄心をむき出しにするが、あるとき、その賞が本当は息子彼自身に送られるはずだったことを知る…。捩じれてしまった親子関係は果たして修復されるのか?

2009年カンヌ国際映画祭カメラドール賞

サムソンとデリラSAMSON AND DELILAH

(2009年/オーストラリア/101分)監督・脚本:ワーウィック・ソーントン、出演:ローワン・マクナマラ、マリッサ・ギブソン

サムソンとデリラ2008年にベルリン国際映画祭の最優秀短編作品賞を受賞したオーストラリア出身のワーウィック・ソーントン監督による作品。砂漠の中にある小さな村で代わり映えのしない毎日を過ごしていたアボリジニの少年サムソン。一方、芸術家の祖母の手伝いをして暮らしていた少女デリラ。ふたりは、デリカの祖母の死をきっかけが出会い、村を飛び出すが、外の世界は彼らの想像を越えて厳しいものだった。

2013年ベルリン国際映画祭アルフレッド・バウアー賞

ヴィクとフロ 熊に会うVIC+FLO ont vu un ours

(2013年/カナダ/95分)監督・脚本:ドゥニ・コテ、出演:ピエレット・ロビテーユ、ロマーヌ・ボーランジェ、マルク=アンドレ・グロンダン、アンドレア・アーノルド

ヴィクとフロ 熊に会う2008年にロカルノ国際映画祭監督賞、2010年に再び同映画祭で監督賞の男優賞の2冠に輝き、いま注目を集めるカナダ人監督による芸術性溢れる作品。元囚人のビクトリアは人生をやり直すべく、刑務所時代の仲間であるフロレンスと共に田舎に居を構える。しかし、彼女らは自信が背負う自らの過去に苛まれ、それは幽霊のように彼女たちを蝕み始める。そして、やがて逃れられない悲劇を生むことになっていく。

2009年ベルリン国際映画祭銀熊賞(男優賞)

ロンドン・リバーLONDON RIVER

(2009年/アルジェリア、フランス、イギリス/88分)監督:ラシッド・ブシャール、出演:ブレンダ・ブレッシン、ソティギ・クヤテ

ロンドン・リバー2007年アカデミー賞外国語映画賞にノミネート、またカンヌ国際映画祭では主演の5人に対して最優秀男優賞が贈られた『デイズ・オブ・グローリー』で知られるラシッド・ブシャール監督。2005年7月にロンドンで起きたテロ事件で消息を失った子供たちを探しはじめるオスマンとソマーズ。イスラムであるオスマンとカソリックであるソマーズ、住む国も信仰も違う二人はあるとき出会い、同じ目的をもとに手を取り合う。人種や社会の問題を捉えながら描かれる人間ドラマ。

2012年ヴェネツィア国際映画祭女優賞

フィル・ザ・ヴォイドFILL THE VOID

(2012年/イスラエル/91分)監督:ラマ・バースタイン、出演:ハダス・ヤロン/イフタフ・クライン/イリト・シェレグ

フィル・ザ・ボイド社会のなかでの女性をテーマを中心に作品を作り続けてきたラマ・バースタインのデビュー作。イスラエルのテルアビブにすむユダヤ人家族。18歳のシーラは結婚を目前に控えていた。しかし、同時期に姉が出産中に命を落としてしまう。結婚を延期し、悲しみに暮れる家族だったが、姉の夫は赤ん坊を連れて他国へ去ろうとしてしまい、シーラは家族を助けるために複雑な問題に巻き込まれていく。

名作がスクリーンに蘇る!特別上映作品は次のページで紹介!

8月16日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開
三大映画祭週間2014
http://sandaifestival.jp/


『三大映画祭週間2014』

8月16日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開

配給:熱帯美術館

オフィシャル・サイト

Related Items