UNZIP

Report

『もらとりあむタマ子』公開記念トークイベント
「タマ子の魅力を語る!」
濱野智史 × 向井康介 × 山下敦弘(MC:森直人)
11月15日 / 新宿・Naked Loft

text & photo : yuki takeuchi

前田敦子という本人の魅力を活かさしてもらった

最後に山下監督は「(いままで『天然コケッコー』の夏帆さんや『リンダ リンダ リンダ』の香椎由宇さんなど、まだ広く知られる前の)レアな状態の子たちと仕事することが多かったような気がするんですよ。そういう意味では、前田敦子さんと一緒に仕事をやったときに、ちょうどグループを卒業したタイミングでたまたまこういう企画があって、向井と久々にオリジナルをやってこの一本の映画になった。宣伝では“映画女優”と書いてありますけど、まだ映画女優として接した感じがしないんですよね。前田敦子という本人の魅力を活かして作らせてもらったから、完全に女優として作り込んだという気もしないし、僕はたぶんそういうタイプではない気もするので、こういう前田敦子の一面がありますというある種の調理されていない部分を見せているから、それを観たいろいろなお客さんとか映画の監督だったり、映画のプロデューサーでもいいんですけど、発見してもらって、次にいろいろな人とやってほしい。やってほしい監督は、黒沢さんなんかは絶対やってほしいし、あと山田洋次監督はすごく観たいですよ。これからの1〜2本が大事な気がするんですよ。どういう器にもなれそうな気がするし、ある種の主演をできる器を持っちゃっている人なので、僕も一客として観たいなと思うのはあります。」

向井さんは「はじめて国民的なアイドルと呼ばれる方を主演に映画を作って、すごくアイドルというものに興味が出てきた」いろいろな過酷な状況におかれてきた彼女たちも実際に会うと、普通の子だった、そして「この子たちの見てきた景色はなんなんだろう。得たものや捨てたものなどあるだろうに」と言い、一度考えをまとめてみたいと語る。

濱野さんは「前田さんは国民的女優レベルになると信じています」「やっぱり、あっちゃんって面白いんです。みんな、なんだかんだ言いながらもやっぱり気になってしまう。目が離せないとう意味では、本当に素晴しい作品に出られて、“もっているな”と思いました」。今回は濱野さんが語ったアイドル話にくいついていた山下監督、向井さんに対して「今度ぜひアイドル現場に連れて行きたい。実はこの後にも行くんですけどね(笑)」と言うと会場も爆笑。アイドル現場は実際に面白く、小さなドラマが展開されているのだと説明し、そのドキュメンタリーが観たいとも言う。「その一般化されていない景色を広く伝えたい」「アイドル絡みのなにかをお二人には撮ってもらいたい。」とも語った。

『もらとりあむタマ子』という、いち映画だけの話にとどまらず、AKB48・前田敦子論からアイドルと映画の関係、はたまたアイドルを追いかけるファンたちの心理と映画の関係に至るまで、ときおり会場を笑わせながらも、おおいにトークは盛上がりをみせた。そして、この『もらとりあむタマ子』が女優・前田敦子として、ファンのみならず映画関係者など多くの人々の注目を集め、今後のさらなる活躍の第一歩になるだろうと思わせる内容となった。

『もらとりあむタマ子』は、11/23(土・祝)より、新宿武蔵野館他全国順次ロードショー!

公開記念イベント

11月22日(金)山下敦弘×女優たち オールナイト
ペ・ドゥナ、夏帆、前田敦子。山下監督が輝かせた女優たちにスポットを当てた3作品をオールナイト上映!山下監督トークもあり!

23:00〜 山下敦弘監督トークショー
会場:シネマート新宿(新宿区新宿3-13-3 新宿文化ビル6F・7F)
TEL:03-5369-2831
上映作品:『リンダ リンダ リンダ』『天然コケッコー』『苦役列車』
料金:¥2,200(税込)
登壇予定者:山下敦弘監督

※詳細はオフィシャルサイトをご確認ください


1 2 3

© 2013『もらとりあむタマ子』製作委員会

『もらとりあむタマ子』

11/23(土・祝)より、新宿武蔵野館他全国順次ロードショー!

MUSIC ON! TV + KING RECORDS Presents
出演:前田敦子、康すおん、伊東清矢、鈴木慶一、中村久美、富田靖子
監督:山下敦弘 脚本:向井康介
主題歌:星野 源 「季節」(SPEEDSTAR RECORDS)

配給:ビターズ・エンド
(2013/日本/78分/カラー/1:1.85/5.1ch)

オフィシャル・サイト

レビューを読む

Related Items