UNZIP

『PLANET OF THE APES / 猿の惑星』Planet of the Apes

ティム・バートン版『猿の惑星』

往年の名作『猿の惑星』のリバイバル版。旧作とは設定上のつながりはなく、「猿が人間を支配する」という構図のみ受け継いでいる。

とはいえこの映画は、“ティム・バートンの作品”として楽しむのが正解だろう。例えばオープニング。延々と猿人たちが画面に映し出されるのだが、彼らの纏う甲冑は、SF的なラインに中世的な意匠を凝らしたもの。「このデザインを見よ!」というティム・バートンの声が聞こえるようだ。さらに本編に入ると、猿人たちが俊敏に舞い、怪力を見せつけ、知性と感情を発露する。身体能力で人間に優る以上、彼ら猿人こそ“超人”の名に相応しい。さらに猿たちの動作はもちろん、日常生活のディティールまでも細かく描写されており、「猿の世界」をこれでもか、とばかりに活写するのだ。一方、そんな猿への偏愛の裏返しか、人間の扱いは軽いものだ。描写のボリュームも少ないし、猿に比べればインパクトも弱い。主人公の動機は「故郷へ帰ること」に終始しており、ヒーロー性に欠ける印象だ。

そんなわけで、(定型的な表現ながら)「異形の者」への愛情表現こそ、本作の持ち味と言える。ついてこられない人には全く理解できない世界、ティム・バートンの美学が全面的に展開された世界だ。もっとも、そんなキワどい路線に走りながらも、B級カルト作品に陥らない点に、ティム・バートンの凄味があるのだろう。

だから(ネタばれになるため詳述できないが)オチのオチも、そういうコンテクストに置いてみると、分かる気がする。異形・異端への倒錯的な偏愛が完全化したビジュアル。理屈的にはさておき、発想自体はナットクできるものだ。これから映画を観る人は、ラスト5分に注目してほしい。


Reviewer : Masato Yoshikawa

ABOUT THIS FILM

2001年7月28日より日劇プラザ・ニュー東宝シネマほか全国東宝洋画系にて公開(2001年 / アメリカ / 1時間59分 / 配給:FOX)

監督:ティム・バートン / 脚本:ウィリアム・プロイルスJr / 製作:リチャード・D・ザナック

出演:マーク・ヴォルバーグ、ティム・ロス、ヘレナ・ボナム=カーター、マイケル・クラーク・ダンカン、エステラ・ウォーレン、ポール・ジャマッティほか