UNZIP

『サヴァイヴィング ライフ』Surviving Life

ヤン・シュヴァンクマイエル監督による精神分析コメディー

チェコのシュルレアリスト、ヤン・シュヴァンクマイエル監督の最新作。シュルレアリスムというと、美術や歴史の教科書を思いだすが、この監督、なんと1934年生まれの77歳(2011年現在)。しかし衰えるどころか、老練にしてむしろ新しい。ひょっとしたらグロテスクな映画か、または眠くなってしまったりしないかと期待半分で観に行ったのだが、とんでもない。監督自ら「精神分析コメディー」というだけあって、予想に反してエンターテインメントとして十分に楽しめる作品だ。

冒頭でヤン・シュヴァンクマイエル監督自身が登場し、「予算がない」ことを理由にフォトコラージュによるアニメーションと実写の映像を組み合わせることにしたと説明をする。むしろ手間ひまがかかっている印象だが、こういった導入もあって、奇妙なビジュアルの世界にすんなりと入っていくことができる。

夢の世界と現実の世界を行き来し彷徨い、やがて境界があやふやになる物語にこのアナログでへんてこな表現手法は驚くほどぴったり。一方でテーマは「潜在意識」とか「夢の具象化」、「胎内回帰願望」と、誰もが共感できるもの。アート作品という先入観を捨てて、映画好きの人に観てほしい、映画らしい映画だ。


Reviewer : ayako nakamura

ABOUT THIS FILM

2011年8月27日より渋谷シアター・イメージフォーラムほか順次全国公開
(2010年 / チェコ / 108分 / 配給:ディーライツ)

監督・脚本:ヤン・シュヴァンクマイエル

出演:バーツラフ・ヘルシュス、クラーク・イソバー、ズザナ・クロネロバー、エミーリア・ドシェコバー、ダニエラ・バケロバーほか

TRAILER