UNZIP

『クレイジーホース・パリ 夜の宝石たち』CRAZY HORSE

パリで最も美しく官能的な芸術

95年に『BALLET アメリカン・バレエ・シアターの世界』、09年に『パリ・オペラ座のすべて』を撮ってきたドキュメンタリーの巨匠フレデリック・ワイズマン。その彼が、今回題材にしたのが、アーティストからミュージシャン、映画監督、ファッション・デザイナーなど様々な表現者たちをも魅了するヌードショーを展開する「クレイジーホース」。ムーラン・ルージュ、リドと並びパリの3大ナイトショーとして1951年の創設以来、数多くの人々を魅了してきたその舞台裏に70日間にわたり密着する。

テロップやナレーションを使わないスタイル、洗練された場面展開。そのどれもがワイズマンらしい。あたかも自分がその場所にいるかのように、そして知っているかのように思わせてくれ、なにより「クレイジーホース」そのものを、どう捉えるか観る者に委ねてくれる。ワイズマンは「クレイジーホース」の素晴らしさからその裏側までを提示するだけだ。しかし、そこには見飽きさせない絶妙なさじ加減もある。今作でワイズマンの意図的な演出があるとすれば、オープニングとエンディングの心憎さ、そして、オープニング直後のダンサーがショーで使う喘ぎ声を録音するシーンだろう。このワンシーンがあるからこそ、その後に展開される“ヌードショーの全貌”という先入観が生むいやらしさや距離感に引きずられることなく、ものの5分で「クレイジーホース」本質へと私たちを向かわせてくれる。私たちはそれを観ているだけでいい。

この撮影期間に、新作演目の創作を手掛けていたのは世界的なコンテンポラリー・ダンスの振付・演出家のフィリップ・ドゥクフレだ。いままでの伝統にさらなる革新的な演出を取り入れようとするドゥクフレ。身体的な美しさと一流の技術を持ったダンサーたち。世界最高のヌードショーを創り上げるために一時的にでも「クレイジーホース」を休業にしたがるドゥクフレと経営側のアートとビジネスの対立。ダンサーたちの楽屋から、照明や衣装、音響など裏方のスタッッフたちの模様。幕間を飾るスタンダップコメディアンたちの姿(彼らにも一流の素晴らしさを観ることが出来る)。そして、ときおり挟まれる何気ないパリの日常の景色に、その場所が、映画と同じく人々を魅了する“虚構”が生まれる場所なのだということを感じさせてくれる。まさに「クレイジーホース」の全貌。

単に裸の女性たちが踊るヌードショーの枠を遥かに越えた、数々のプロフェッショナルな人たちによって生み出される、創造的で幻想的で官能的な一流のキャバレー芸術。それはもちろん男女関係なくすべての人を魅了する美しさ、力強さだ。ドキュメンタリーとしての、そして「クレイジーホース」の新作演目としてのラストは感動すること必至だ。


Reviewer : yuki takeuchi

ABOUT THIS FILM

6月30日(土)より、Bunkamuraル・シネマほか順次公開

(2011/フランス・アメリカ/35mm/カラー/ビスタサイズ/SRD/134分)

配給:ショウゲート

監督:フレデリック・ワイズマン(『パリ・オペラ座のすべて』)   
出演:フィリップ・ドゥクフレ、クレイジーホースダンサーたち 他

TRAILER