UNZIP

『3人のアンヌ』In Another Country

恋も映画も自由に生み出すホン・サンスが描く3つの物語

ホン・サンスは、いま最も自由に“映画”を創造している映画監督だ。そして、いま最も作品が待ち遠しい監督のひとりでもある。次はどんな“映画”を観せてくれるのか?そんな期待を胸に抱かせてくれ、作品を観終わったあとには、あいわらずのホン・サンスらしさに思わず微笑んでしまう。軽やかで洒落ていて、ユーモアや遊び心が散りばめられていて気軽に楽しめる。それでいて巧みな構成やシンプルな演出の奥に、愛や映画というものの本質や奥深さを垣間見せる。それはどこか甘美な深い考察へ、私たちを誘いもする。作品そのものがなにか素敵な恋のような…とはあまりにも気取りすぎだが、どうしても惹かれてしまうそんな魅力を放っている。

ゴダールやシャブロルなどヌーベル・ヴァーグの作家たちをはじめ世界の名だたる監督たちの作品に出演してきたフランスの名女優イザベル・ユペールが、ホン・サンスと生み出した、この『3人のアンヌ』ももちろん素晴らしい。

韓国の海辺の街モハンにやって来たフランス人のアンヌ。青いシャツを着ているのはヴァカンスにやって来た映画監督のアンヌ。赤いワンピースを着るのは映画監督の男性と浮気するためにやって来たアンヌ。そして、緑のワンピースのアンヌは夫と離婚したばかりで傷心を癒すためにやって来る。異国の地で、3人のアンヌはそれぞれの違ったときを過ごす。それぞれのエピソードに共通して登場するアイテムや繰り返される会話や振る舞い。繋がっているようにも、影響し合っているように思えるそれぞれの時間。ただ、浜辺で韓国人の若いライフガードに偶然に出会うということだけは運命のように決まっている。ぎこちなくも出会いを楽しみにしていたかのように会話するふたりは、それぞれの方法でお互い微かに惹かれあい距離を縮めていく…。

この作品は、ひとりの女性の3つの恋や人生の可能性を描いたパラレル・ラブストーリーにも思えるし、エピソードのどれかは別のアンヌが見た夢なのかもしれないとも思える。そもそも映画の冒頭では、海辺の街にやって来た映画学校の学生の女の子が、“アンヌ”を主人公にしたシナリオを書きはじめるシーンもあって、彼女が思い描いたお話だったのかもしれない。他愛もない(ときにどうでも良いような、ときに退屈ですらあるような)日常のなかの恋のエピソードの反復や連鎖はホン・サンス作品の特徴のひとつだが、そこで堅苦しい意味やメッセージは語られない。ホン・サンスは、さまざま解釈の“自由”を、観客に委ねる。それはとても楽しい自由さなのだ。だから世界の多くの人々が、彼の作品に魅了され、たくさんの言葉を尽くす。スクリーンを観たままに気軽に楽しむこともできるし、その奥深いところに見てとれるゴダールやロメール、ブニュエルの影響といったシネフィルからの目線や考察にも存分にこたえる。むしろ、彼らにそんな目配せをもするような懐の深さを持っている。また、監督自身の飄々とした表情や言葉はどこかエキセントリックで、作品と同じものを感じることが出来るかもしれない

ホン・サンスは、決まった設定を持たずに撮影当日にその日の分の脚本を俳優に手渡す。現場や天気、俳優たちとの対話から作品を組み上げていく。また、本作もそうだという確証はないが、出演する役者はノーギャラだという逸話もある。それは、バジェットの問題ということだけではなく、あえて現代の資本主義的な制作環境から、または自由な表現とは別次元にあるしがらみから出来るだけ自由であろうとしてることの表れのようにも思える。イザベル・ユペールは、ホン・サンスが「だって、そうじゃないと、お金を待たなくてはならないし、そうなると時間がかかる。それが嫌なんだ」と語ったことを明らかにしている。そうでなければ、96年の初の長編『豚が井戸に落ちた日』から今までに13本もの作品をこれほど自由な遊び心に溢れた数多くの作品を生み出せないだろう。

他にも、カメラワークや音楽の使い方や女性へのまなざし、独特なクレジットなど、まだまだ語りつくせない要素に溢れている。おそらく劇場用パンフレットなどにも様々な言葉や解釈、逸話などが掲載されるだろう。観るだけでもいい、その奥に進んでもいい。他の監督作品を観ても本作への考えは広がるかだろう。2、3度観ればまた新たな発見もあるだろう。まあ、とにかくどこをとっても惹かれてしまうそんな魅力を放っている映画なのだ。


Reviewer : yuki takeuchi

ABOUT THIS FILM

6/15(土)~シネマート新宿にてロードショー、以下全国順次公開

(2012年 / 韓国 / ドルビーSRD / 89分)

監督・脚本:ホン・サンス
出演:イザベル・ユペール、ユ・ジュンサン、チョン・ユミ、ムン・ソリ、ムン・ソング­ン、ユン・ヨジョン

TRAILER