UNZIP

『サイド・エフェクト』Side Effects

長期休暇に入ると宣言したソダーバーグ監督による心理サスペンス。衝撃の結末に注目!

『セックスと嘘とビデオテープ』…… ソダーバーグ監督、1作目を劇場で観てから、24年。今回の作品が劇場公開作品としては最後という触れ込みだったけど、実はもう1本公開が予定されてます(『恋するリベラーチェ』が11月公開予定)。

多種多様な作品を手掛けて来た監督が今回選んだ題材は心理サスペンス。そういえば最近そういう映画無いなぁ…。自分の患者が殺人事件を起こした事によって陰謀に巻き込まれて行く、ジュード・ロウ扮する精神科医が自らの調査で真相を暴いて行く前半はテンポ良く進み、布石なんだろうなぁって箇所がちょいちょい出て来て、心踊ります。

…って思ってたらあんまり、ガーンと盛り上がる事も無くクライマックス。或る意味最後のオチにビックリしたし、ドキドキした。多分こんな役柄を演じるキャサリン・ゼタ=ジョーンズは観た事ないので、ファンの方にはオススメです。あと、ジュード・ロウは、シリアスもコメディも出来るいい役者になりました。頭は後退しちゃったけどね。ソダーバーグ監督はもっと自分の好き勝手に撮るのかと思ったけど、今回は抑え気味。あと2〜3本撮るなぁ…


Reviewer : Toshiki Shima

ABOUT THIS FILM

2013年9月6日(金)より、TOHOシネマズみゆき座他全国ロードショー

※本作はR15+指定作品です。

監督:スティーヴン・ソダーバーグ
脚本:スコット・Z・バーンズ
出演:ジュード・ロウ、ルーニー・マーラ、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、チャニング・テイタム

(2013年/アメリカ/106分/配給:プレシディオ/協力:松竹)

TRAILER