UNZIP

『アクト・オブ・キリング』THE ACT OF KILLING

単なる歴史告発のドキュメンタリーじゃない、観る者たちの価値観を大きく揺さぶる衝撃作

60年代のインドネシア、クーデター未遂事件がきっかけとなり100万人規模の大虐殺が行われた。軍が以前から快く思っていなかった民間人を含む共産党勢力を排除する目的で、民間人に武器を握らせて煽動し、共産党関係者を殺害させた。民間勢力が近隣者や肉親すらも虐殺したという未曾有の事件。しかも、その実行者たちは、今も“国民的英雄”とされているのだ。本作の監督は、人権団体の依頼で、この事件で被害者、関係者への取材を試みるが、当局から接触の禁止や妨害を受ける。そして監督は、取材の矛先を加害者へと変更する。当時の殺害グループのリーダーであったアンワル・コンゴと彼と行動をともにする地元のギャング、ヘルマン・コトらが、嬉々として過去の行いを語る。どのように人々を手際よく殺したか、当時観ていたアメリカ映画に憧れ、殺しの参考にしていたなど…。それを目の当たりにした監督は「カメラの前でその殺しを演じて(=アクト・オブ・キリング)みないか」と持ちかける。自分たちの武勇伝を映画におさめるのだと、彼らは張り切る。着飾り、関係者を訪ね、出演者を探し、街に繰り出す。そして、実際に映画の製作に取りかかる。

実際に殺人を行った人間が、誇らしげにその様子を語る、演じる、そんなドキュメンタリーがあっただろうか?しかも、彼らはインドネシアで英雄のように暮らしているのだ。彼らが率いる勢力は、今現在も多くの支持者を抱えて、社会に対して大きな影響を持っている。TV番組に出演しては、自身たちが作っている映画について自慢気に語る。意気揚々を映画を作ろうとし、そして四苦八苦する彼らはどこか滑稽にすら見えてくる。女役が見つからずに女装するヘルマン。雄大な自然の風景のなかで着飾った人々が揚々と歌うシュルレアリスムの世界のような理解しづらいシーンまで…、苦笑いせずにはいられない。私たちは一体何を見せられているのだ?と。そして、撮影は進み、誰も被害者役になりたがらない状況で、アンワルが被害者役をかって出る。しかし、演技のなかで殺されていく内に、彼のなかで次第に心境の変化が生まれはじめていく…。

残虐な歴史、今もその影響が濃く残っている社会や登場人物たちの言動、それらに恐ろしさを感じざるを得ない。

そして、これが決して遠い国の他人事のように思えないことが、また恐ろしい。いや、厳密に言うと映画を観終わった後は、むしろ距離感があった。このドキュメンタリーの手法の斬新さや彼らが行った行為の残虐さも充分に理解できたのだが、同時に、アンワルたち“実行者”に焦点を当てているため、歴史に対して充分に詳細が説明されていないこと、アンワルたちがどこが滑稽に見えてしまうような状況を捉えていること、彼らが自分たちの残虐な行為を映画にしようとしてもずぶの素人過ぎて、全くリアルさや深刻さが足りないことなどが、ところどころで、肩の力を抜かせていたからかもしれない。しかし、自身の過去の行為を嬉々として語った彼らは、自分の価値観だけでその虐殺行為を行い、正当化させていたわけではなく、国や社会がそうさせたとも言えるのではないだろうか(もちろん、彼らを擁護するということではなく)。それは、某国が正義の名のもとに他国に戦争を仕掛ける、そういったこととなにが違うのだろうか、そうやって思いが至ったとき、私は、アンワルたちももちろん恐ろしいのだが、ドキュメンタリーの中盤で出て来た、赤い迷彩服に身を包んだアンワルたちの行為や主義を賛美する民間の人々の集団が恐ろしかったことに気がついた。一般の人々が、集団が、社会がある意思のもとに、自らの行いや主義を正当だと主張している姿は誤りではない。しかし、私は過去の虐殺が決して正しくない思うが、彼らはそう思っていない(のだと思う)。彼らを「悪」としているのではなくて、そういった「違い」がとても恐ろしい。残酷さやその量の問題でもない。このような明らかな事例だけでなく、ただ住む国が違うだけでそういった思想の違いは、容易く生まれる。国や社会、もっと小さい集団でも何かに煽動されたとき、その集団意思は、ときとして恐ろしい。そのような煽動が可能な国や社会、メディアの意識が生み出す価値観の恐ろしさ。身近に言えば、映画や小説、テレビなどさまざまなメディアを見て、私たちは、何かに対する認識や物事の価値観をどのように受け入れているだろうか。例えば、大ヒットした戦争映画で描かれた価値観は多くの人をどのように思わせるだろうか?

このドキュメンタリーは、歴史の真実を明るみに出す大いなる作品である、と同時に、どこか私たちが平和に暮らす場所でさえ大きく揺さぶっている気がする。


Reviewer : yuki takeuchi

ABOUT THIS FILM

4月12日(土)より、シアター・イメージフォーラム他にて全国順次公開


製作総指揮:エロール・モリス『フォッグ・オブ・ウォー』 / ヴェルナー・ヘルツォーク『フィツカラルド』 / アンドレ・シンガー
製作・監督:ジョシュア・オッペンハイマー 
共同監督:クリスティン・シン / 匿名希望 スペシャル・サンクス:ドゥシャン・マカヴェイエフ

2013年 / デンマーク・ノルウェー・イギリス合作 / インドネシア語 / 121分 / 原題:THE ACT OF KILLING / カラー / 5.1ch / ビスタ / DCP 
配給:トランスフォーマー / 宣伝協力:ムヴィオラ

TRAILER