UNZIP

『白夜のタンゴ』Mittsommernachtstango

アルゼンチンとフィンランド、愛すべき音楽家たちによるタンゴを巡る音楽ドキュメンタリー

「タンゴ発祥の地と言えばアルゼンチンでしょう!」という世界の多くの認識に、フィンランドから「ちょっと待った!」の声が、、、。何とアキ・カウリスマキ監督をはじめとしたフィンランド人は、「フィンランド、タンゴ起源説」を唱えているというのだ。そんな声を聞いて黙っていられないアルゼンチンのタンゴミュージシャン三人組が、それならばフィンランドに確かめに行こうじゃないかと旅に出る。タンゴという音楽を掘り下げた音楽ドキュメンタリーというよりも、このアルゼンチンタンゴ三人組の珍道中は、むしろロードムービーと言ったほうがしっくりくるかも知れない。アルゼンチンとは、文化も土地柄も国民性も、何から何まで対照的と言っていいフィンランドで、未知の世界に驚いたり、自国との差にぼやいたりする三人と何だか一緒にフィンランドを旅しているような気分になるのだ。

「どちらがタンゴ発祥の地が確かめてやる!」と息巻いてフィンランドにやって来た三人組が、始めて触れたフィンランドのタンゴは、田舎のおじさんおばさんが集う何とも垢抜けないタンゴのダンスパーティだった。キレがあってセクシーなアルゼンチンタンゴのダンスと比べて、フィンランドのゆる~くどんくさいダンスに「こんなのはタンゴじゃない」とぼやく姿が何だかおかしい。
そう彼らは言うものの、そのゆるくどんくさいダンスは、森と湖に囲まれゆったりとした時間の流れる美しいフィンランドの情景にとても良く似合っており、冒頭のアルゼンチンの都会の喧噪と一変して、フィンランドのスローな時間にぐっと引き込まれる。

そして、更なるフィンランドのタンゴを探るべく、三人はフィンランドで活躍するタンゴミュージシャン達に会いに行くのだが、フィンランドのタンゴが変わっているのはダンスだけじゃなかった。フィンランドのタンゴミュージシャンもこれまた風変わりなクセもの達ばかりなのだ。中でも、まさにカウリスマキ映画の中から飛び出して来たかのような、ユニークかつチャーミングなキャラクターのM.A.ヌンミネンには個人的にも心奪われてしまった。同じく本作に登場するフィンランドの国民的タンゴ歌手、レイヨ・タイパレが表なら、M.A.ヌンミネンは裏と言おうか、、、とにかく、歌も演奏も相当変わっていて(ウサギのぬいぐるみを着て演奏したりする。)、何だか奇妙なんだけど愛らしくて、これぞ私が思い描いていたフィンランドだな~、なんて観ていてついつい顔がほころんでしまう。
三人もそんな風変わりなフィンランドのタンゴミュージシャン達と演奏を共にしていくうちに、大いに刺激を受け、各々の国ならではのタンゴを理解し、この旅の終着駅とも言えるフィンランドの名タンゴ歌手レイヨ・タイパレとの白夜のセッションでは、国境を越え音楽が一つになる瞬間をみせてくれる。

タンゴに限らず、ポップスでもロックでもジャズでも(もしくは映画や文学でも)、その土地土地の文化や風土、または国民性などは、多かれ少なかれ滲み出てしまうものだと思うし、その何でか滲み出てしまう土地の色こそが面白いというか、そここそが音楽を聴く醍醐味なのだな、と改めて思い知らされた次第。そして、こういった交流を機会に、また新たなるコラボレーションが生まれていったら、、、なんて夢も膨らむのです。


Reviewer : yoshi

ABOUT THIS FILM

2014年11月22日(土)よりユーロスペースほか全国順次公開

監督:ヴィヴィアン・ブルーメンシェイン
出演:ワルテル“チーノ” ラボルデ、ディエゴ “ディピ” クイッコ、パブロ・グレコ、
アキ・カウリスマキ、レイヨ・タイパレ

(2013年/ドイツ・フィンランド・アルゼンチン/英語・フィンランド語・スペイン語/ビスタ/カラー/83分)

配給:トレノバ
後援:フィンランド大使館 アルゼンチン大使館

TRAILER