UNZIP

『チョコレートドーナツ』ANY DAY NOW

ゲイのカップルとダウン症の少年、奇跡的に出会い深い愛情で結ばれる3人の物語

これは、1970年代にアメリカ・ブルックリンで実際にあった出来事をもとにした物語。現代に比べて、当時の彼らの境遇がどれほど肩身の狭いものだったか、どれほど自分たちの居場所を見つけるのに苦労したか想像を絶する。しかし、この物語はその苦境にだけフォーカス当てた、暗い、重たい話ではない。もちろん、哀しい運命に心が痛む。しかし、彼らが自身の境遇に卑屈になることなく、前向きで愛に溢れていたことを胸を張って示しているようで、そして作品自体もそのことにとても素直に作られていて、観ていてとても心地良い。3人は出会うべくして出会い、力強く手を取り合い、お互いに笑顔と愛を分け与えながら、束の間だったかもしれないけども、とても幸福な時間を過ごした。それは、現代の感覚では分かりづらいかもしれないが、当時としては、とてつもなく奇跡的なことだったに違いない。

シンガーを夢見ながらもショーダンサーとして働くルディは、ある晩、店にやって来た弁護士のポールと出会う。彼らは、またたくまにお互いに惹かれ合い、そして恋に落ちる。そして二人は、あることがきっかけで、母親に見捨てられたダウン症の少年・マルコに出会う。ゲイであり社会のなかに居場所を見つけることが出来なでいるルディとポール、文字通り住む場所も奪われてしまったマルコ、3人は惹かれ合うように暮らしはじめる。

当人たちがお互いに納得し、なんの問題もなく暮らそうと、ときに周囲の目や社会や法律は、彼らをルールという型に嵌めようとし、または自分たちの価値観を守るために彼らを従わせようとする。ほんの少しの想像力や思いやりがあれば、なんてことのない、問題は解決できそうなはずなのに、現実はそう簡単にいかないことが多い。ルディやポールがゲイであること、マルコがダウン症であるという状況に限ったことではなく、誰もが彼らのようにほんの少し愛をもっていれば、どんなにこの世の中は住みやすくなるだろうか、そう思わせられる。3人は血がつながらなくても、本当の家族のように、いやそれ以上にお互いを思いやる気持ちで溢れ出ていた。

ルディを演じるトニー賞受賞俳優であるアラン・カミングが本当に素晴しい。普段の演技はもちろん、ゲイのショーにはお決まりのリップシンクのパフォーマンスなんかも見事で楽しくなるし、実際の歌唱はそれにも増して圧巻だ。とくに、ボブ・ディランの名曲「I shall be released」を唄うシーンは、それまでのシーンが蘇り、感情が集約されて、大袈裟でなく心が揺さぶられる。ルディの歌唱のなかには、哀しみと同時に力強さがある。彼らの幸福な時間は束の間だったかもしれないけど、それがどんなに尊いことで、どれほど奇跡的なことだったのか、ルデイはそれを誇りに思っているのだ、そう感じさせられる。… I see my light come shining / From the west unto the east / Any day nowany day now, / I shall be released この物語にとってこの歌詞(の意味)は、とても強いメッセージとなって観る者の心に残ることだろう。


Reviewer : yuki takeuchi

ABOUT THIS FILM

4月19日(土)、シネスイッチ銀座ほか全国順次ロードショー!

監督:トラヴィス・ファイン
脚本:トラヴィス・ファイン、ジョージ・アーサー・ブルーム
出演:アラン・カミング、ギャレット・ディラハント、アイザック・レイヴァ、フランシス・フィッシャー

(アメリカ/2012年/97分/カラー)

TRAILER