UNZIP

『おみおくりの作法』STILL LIFE

孤独と出会い、人の死を“おみおくり”することが教えてくれる人生の見つめ方

『フルモンティ』などを手がけてきた名プロデューサー、ウベルト・パゾリーニ監督が、孤独死をした人の葬儀を執り行う民生係についての新聞記事を読み、着想を得て生まれた映画『おみおくりの作法』。物語の主人公は、ロンドンのケニントン地区の民生係ジョン・メイ、ひとりきりで亡くなった人の葬儀を執り行うのが彼の仕事だ。事務的に処理することもできるこの仕事を、ジョン・メイは誠意をもってこなしている。しかし、突然の人員整理で解雇になり、ジョン・メイの向かいの家に住んでいたビリー・ストークが最後の案件となってしまう。ジョン・メイはビリーの人生を紐解く為に、これまで以上に熱意をもって仕事に取り組む。そして、故人を知る人々を訪ね、イギリス中を旅し、出会うはずのなかった人々と関わっていくことで、ジョン・メイ自身も新たな人生を歩み始めるが、、、。

この民生係という仕事、漠然とこのような仕事はあるのだろうと思っていたものも、色々知ってみるととても興味深い。特に、ジョン・メイが故人の家を訪ねるシーンはとても印象的だ。洗濯物がほしたままの、ほんの少し前まで誰かが生活していたことを感じさせる部屋、楽しそうに笑う故人や飼い猫の写真、お気に入りのアクセサリーに良く聴いたレコード、、、そんな部屋の様子や持ち物から、生前は一度も会ったことのない人物について、この人はどのような人生を送ってきたのだろうと思いを巡らす。そして、故人の輝いていた人生の一場面を想像し、心を込めた弔辞を書く。それは、事実と異なる内容かも知れないが、故人に最大限の敬意を示したその行為は、美しく優しさに満ちている。夢がある、と言ったら言葉に語弊があるかも知れないが、そこに秘められた様々な物語につい思いを馳せてしまう。

そんな民生係という特殊な職業もそうだが、ジョン・メイのキャラクターがまた素晴らしい。ジョン・メイというキャラクターありきの映画、といってもいいかも知れない。毎日同じ服を着て遅れることなく出勤し、毎日事務所で同じ昼食をとり、帰宅すると同じメニューの夕食をとる。そして、夕食後には、これまで弔った人々の写真をアルバムに収める、、、そんなかっちり几帳面な主人公を演じたのは、本作が初主演作となるイギリスを代表する実力派俳優エディ・マーサン。これがまたハマり役で、セリフも少なく、喜怒哀楽をあまり表に出さない主人公の複雑な内面を、繊細かつチャーミング演じている。

妻子も親しい友人もおらず、毎日規則正しくひっそりと慎ましやかに暮らしているジョン・メイ、それは端から見たら寂しい人生に見えるかも知れない。しかし、彼自身は、忘れられた人々を送り出す仕事に誰よりもやりがいを感じているし、ささやかな生活にも満足している。孤独や孤独死が、必ずしも寂しくて惨めなだけとは限らない。様々な生き方があるように、死のとらえ方もまた人それぞれなのだ、ということを教えてくれる映画だ。

第70回ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門 監督賞ほか4賞受賞


Reviewer : yoshi

ABOUT THIS FILM

1月24日(土)より、シネスイッチ銀座ほか全国順次ロードショー!

出演:エディ・マーサン、ジョアンヌ・フロガット、アンドリュー・バカン
監督・脚本・製作:ウベルト・パゾリーニ
音楽:レイチェル・ポートマン

TRAILER